ギャンブルの連敗確率の計算方法

ブラックジャックのハンドで3回連続して負ける確率を考えたことはありますか?バカラで4回連続して負ける確率を考えたことはありますか?

このような疑問を抱いたことがある方は、ギャンブルの負け筋を計算する方法を学ぶことで、疑問を解消することができます。この計算は、最初は謎に思えるかもしれませんが、実際にはとても簡単です。

以下のガイドでは、ゲームに関係なく、さまざまなギャンブルの負け筋のオッズを計算する方法について説明します。また、この情報が役立つ理由についても説明します。

負け筋の確率を判断する簡単な方法

学校では、ベッティングの負け筋については教えてくれません。そのため、このテーマは一般的な知識ではありません。

そのため、誰もが連敗の長さを計算することに迷いを感じてしまいます。しかし、以下に示すように、この情報はいくつかの簡単なステップで計算することができます。

負けの可能性を知る

連敗について最初に知っておかなければならないことは、与えられたベットに負ける確率がどのくらいかということです。この確率は、個々の賭け金によって大きく異なります。

ここでは、さまざまな賭け方とその負ける確率の例をご紹介します。

アメリカンルーレットの赤/黒 – 52.63
バカラのバンカーハンド – 49.32% (同点を除く)
バカラのプレイヤーハンド – 50.68% (同率を含まず)
ブラックジャックのハンド – 53.64% (タイを含まない)
クラップスのパスライン – 51.71
クラップスのドントパスライン – 50.71% (12でのプッシュをカウント)
クラップスの4または10へのバイベット – 66.67
ヨーロピアンルーレット赤/黒 – 51.35
シックボー「ビッグ」 – 51.39
シックボー「スモール」 – 51.39

掛け率を知る

賭けに負ける確率がわかったら、その数字を掛け合わせます。掛け算の回数は、提案された連勝率の長さによって決まります。

以下に例を示します。

バカラのプレイヤーが4回連続して賭けると負ける確率を知りたい。
バカラのバンカーハンドの確率は49.32%で、0.4932となります。
4932 ^ 4 = 0.05917
プレイヤーベットを4回連続で負ける確率は、5.92%です。
Calculator.netのBig Number Calculatorを使って、すべてを計算することができます。あるいは、通常の電卓にパーセンテージを何度も入力するだけでも構いません。上の例では、掛け合わせるのは 0.4932 x 0.4932 x 0.4932 x 0.4932です。

パーセンテージをオッズに変換する

ギャンブルの負け越しに関しては、パーセンテージで終了しても全く問題ないかもしれません。しかし、さらに進んでオッズを決定したい場合は、オッズに変換する必要があります。

前述の例では、4回連続して賭けると5.92%の確率で負けるという結果になりました。これは、およそ20回に1回の割合で起こることを想定しています。

オンラインルーレットのスクリーンショット – 何かを考えている若い男性

しかし、より正確な数字を得るためには、パーセンテージをオッズに変換します。ウェブ上には、これを可能にするツールがたくさんあります。

オッズをパーセンテージに変換できる計算機を見つけたら、関連情報の入力を始めましょう。ここでは、バカラの例で何を入力するかを説明します。

5.92%をオッズに変換したいとします。
パーセンテージの欄に5.92と入力します(電卓によっては0.0592が必要な場合もあります)。
このパーセンテージは、15.89:1のオッズに変換されます。
繰り返しになりますが、パーセンテージをオッズに変換する必要はありません。しかし、さまざまなオンラインツールは、必要に応じてこの変換を行うのに役立ちます。

15:89:1のオッズは、連敗が16.89回に1回しか起こらないことを意味します(15.89 + 1 = 16.89)。

さまざまなゲームでの連敗率の計算例

上記の手順を知っていれば、様々な連敗の確率を計算し始める準備ができています。しかし、もっと例を知りたいと思うかもしれません。ここでは、さまざまなカジノゲームやベットでの連敗の例をご紹介します。

ブラックジャックで10回連続して負ける確率はどのくらい?

ブラックジャックのハンドが負ける確率は,53.64%である.
5364 ^ 10 = 0.00197
ブラックジャックで10回連続して負ける確率は、0.197%である。
506:1の確率

ヨーロピアンルーレットのスピンで15回連続して負ける確率はどのくらいですか?

ヨーロピアンルーレットのイーブンマネーベットで負ける確率は、51.35%です。
5135 ^ 15 = 0.00004551
ルーレットの賭け金を15回連続で負ける確率は0.004551%です。
21,972:1のオッズ

クラップスのパスラインベットで5回連続して負ける確率は?

クラップスのパスラインの賭け金が負ける確率は、50.71%です。
5071 ^ 5 = 0.0335
クラップスのパスライン賭けで5回連続で負ける確率は、3.35%です。
29:1 の確率
『詳しくは →クラップスのオッズと確率

バカラのバンカーベットで20回連続して負ける確率は?

バカラのバンカー賭けで負ける確率は49.32%です。
4932 ^ 20 = 0.000000725
バンカー賭けで20回連続して負ける確率は、0.000072%です。
1,388,887:1のオッズ

なぜ連敗のオッズを知ることが重要なのか?

ベッティングの負け筋の計算方法を知っていると、1つまたは複数の理由で役に立つことがあるでしょう。ここでは、そのような知識が役立ついくつかの例をご紹介します。

全てを失う可能性を判断する

破滅のリスクは、ギャンブルにおける重要な概念です。バンクロールをすべて失い、最初からやり直さなければならない可能性を決定します。

そのため、どのようなギャンブル状況でも、自分の破滅のリスクを知っておくとよいでしょう。バンクロールを失うまでに何回の連続した損失を被る必要があるかを知ることは、この問題に役立ちます。

バンクロール

この点を説明するために、次のような例があります。

200ドルのバンクロールを持っています。
アメリカンルーレットをプレイし、20ドルのイーブンマネーの賭けをします。
200 / 20 = 10回のストレートベットで、あなたのバンクロールはなくなります。
このような連敗をする可能性を知りたいとします。
このゲームでは、イーブンマネーの賭けは52.63%の確率で負けます。
5263 ^ 10 = 0.00163
あなたが10回連続で賭けて200ドルのバンクロールを失う確率は、0.163%です。
612:1 のオッズ
バンクロールを失うことになったとしても、それはおそらくゆっくりとした長い時間をかけた方法で起こるでしょう。とはいえ、極端な例では、すべてを失うまでにどれくらいの時間がかかるのかを知っておくと安心です。

ベッティングシステムの利用に便利

ベッティングシステムの中には、負けた後に賭け金を増やさなければならないものがあります。このようなベッティング戦略は、ネガティブプログレッションシステムとして知られています。

これらのシステムの中には、他のシステムよりも大きなリスクを負うことになるものがあります。負けが続くと、あっという間にバンクロールを使い果たしてしまいます。

例えば、マーチンゲールシステムは、負けた後にダブルベットを要求します。グランドマーチンゲールでは、さらに、賭け金を2倍にすることに加えて、ユニットを追加することが求められます。

ここでは、ヨーロピアンルーレットのイーブンマネーの賭けで、これらのシステムを500ドルで使用した例をご紹介します。

マーチンゲール(負けた後に倍賭けをする)

5ドルをベットして負けた場合、5ドルでの損失は51.35%の確率で起こります。
10ドルをベットして負けた場合、15ドルでの損失は26.37%の確率で発生します。
20ドルを賭けて負けた場合、35ドルでの損失が発生する確率は13.5%です。
40ドルを賭けて負けた場合、75ドルでの損失が発生する可能性は7.0%です。
80ドルを賭けて負けた場合、155ドルでの損失 – 3.6%の確率で起こりえます。
160ドルを賭けて負けた場合、損失額は315ドルで、発生する確率は1.83%です。
次のベットは320ドルとなり、残りは185ドルとなります。
グランドマーチンゲール(ダブルベット、負けたら1ユニット追加)

5ドルをベットして負けた場合、5ドルでの損失が発生する確率は51.35%です。
15ドルをベットして負けた場合、20ドルでの損失は26.37%の確率で発生します。
35ドルを賭けて負けた場合、55ドルでの損失が発生する確率は13.5%です。
75ドルを賭けて負けた場合、120ドルでの損失が発生する確率は7.0%です。
155ドルを賭けて負けた場合、275ドルの損失が発生する可能性は3.6%です。
次に賭けるのは315ドルですが、残りは225ドルしかありません。

好奇心を満たす

連敗に関する情報を必要とする緻密な計画を持っていないかもしれません。その代わりに,それぞれのストリークがヒットする確率を知りたいと思うかもしれません。

ブラックジャックテーブル

よく目にする質問は,ブラックジャックで10回連続して負ける確率である.次に多いのは、ルーレットで10回負けたときの確率です。

しかし、計算方法を知っていれば、1回の連敗に対して誰かの答えに頼る必要はありません。むしろ、この知識があれば、どんな種類のギャンブルの連敗でも計算することができるのです。

Related Posts